新幹線の雑学


新幹線の雑学

新幹線の進化

新幹線といえば、今では当たり前に利用している鉄道になったでしょう。開通したのは1964年の10月ですので、かなりの時間が経っていることがわかります。日本の鉄道の看板として活用されてきたこともあって、常に最新の技術が投入されてきたことが、イメージ的に強くなっているのは間違いありません。何よりも高いレベルに保たれていることは確かですが、もうかなりの年月が経っていることも間違いありません。

初の新幹線は、東京駅から新大阪駅間を走りました。速度は営業最高速度として200kmであり、4時間で走ったのです。今から見ると、そこまで速くないと思うかもしれませんが、翌年には210kmになったことで、ひかりが3時間10分で走るようになりました。これでも現在の速度に比べるとかなり遅いのは確かです。

現在は、東海道新幹線の車両としてのぞみが使われており、285kmまで加速できるようになっています。時間としても2時間30分なのですから、開業当初と比較すると、1時間30分短縮していることがわかるでしょう。それほど高レベルに進化もするようになり、開業当時と比較すれば、驚くほどの性能を持っているのです。当然、安全性に関しても世界最高峰のレベルであり、この速度でも安心して利用できるのですから、新幹線のすばらしさがわかるでしょう。

PAGES

リンク集
サイトマップ