新幹線の雑学


新幹線の雑学

ミニ新幹線は新幹線?

新幹線と呼ばれるのは、200km以上の速度で走行する区間が存在する鉄道ということになりますが、ミニ新幹線と呼ばれる鉄道も出てきました。山形新幹線や秋田新幹線が該当しますが、法律上だけで見てみると、正確には新幹線ではありません。最高速度が130km程度に抑えられているため、200km以上の区間がないからです。つまり、新幹線の名前は持っていますが、法律上で見れば、これらは新幹線ではないということになるでしょう。

ところが、レールの幅を見てみると、狭軌ではなく標準軌になっています。これは、新幹線を引き入れることもできるようになっているためです。ですが、ミニ新幹線は在来線でしかありません。ですが、東北新幹線の区間に乗り入れた時には、200km以上で運転できるようになっています。ミニ新幹線として作られていますが、中身を見てみれば新幹線の能力をしっかりと有しているといえるでしょう。

他の設備を見てみても、いくつか高速走行に対応しているだけで、構造的にも新幹線が走るための構造ではありません。列車防護も信号機とATS、目視の組み合わせになっていますし、踏切も存在するため、新幹線特例法に当てはまっていないものであることがわかるのです。

PAGES

リンク集
サイトマップ